waon

ADCALC 3D

ADCALC 3Dとは?

ADCALC 3D (アドカルク3D) は、斜面・地すべりの3次元空間(地すべり面、地下水面、対策工など)をビジュアルに表現するために開発されたソフトです。

3次元モデルとして可視化することで、調査結果および対策工計画等の位置関係がより正確に把握可能となり、対策方針の決定に活かすことが可能となります。
また、従来の2次元図面では伝わりにくかった内容を3次元的に可視化することで関係者間の共通認識が高まることが期待出来ます。

この他、斜面・地すべりの3次元安定解析など各種ソルバーを用意しております。

ソフト構成につきましては、3次元モデルの作成・表示機能および三次元安定解析機能を有した 『 ADCALC 3D (アドバンストプロフェッショナル、プロフェッショナル) 』、3次元モデルの作成・表示機能を有した 『 ADCALC 3D CIM 』、3次元表示機能を有した『 ADCALC 3D Viwewer (viewer、light) 』がございます。

尚、詳細なソフト構成は、コチラをご覧頂きたいと思います。

特徴

充実した高度な可視機能

ADCALC 3D は、解析結果画像を3次元空間的に様々な視点から表示できる画期的機能と簡単な操作性を装備したハイレベルなポスト画像処理環境を提供します。 

高速コントロール

マウスとの連動がすばやく、ストレスがまったくありません。3次元動作に対するマウス操作は直感的に、どなたでも すぐ理解できます。

入力が極めて簡単

絶えず視覚的にチェック。入れ間違いはすぐわかります。

エクセルデ-タの貼り付けや、画像からのデジタイジング、テキストインポートなど入力手法も満載です。

プレゼン機能

「3次元モデル+対策工+STL」の組み合わせを複数作成し、順番を設定することが可能です。これによりパワーポイントのようなプレゼンテーションを行えます。

豊富な描画性能

臨場感あふれる3次元 VR (ビジュアルリアリティ)環境

民家、杭、アンカー、トンネル、集水井、集排水 ・横ボーリングなどパーツ描画機能

3次元カラーコンターマップ ( 地形面、地層面、地下水面、すべり面、層厚 ) 作成機能 

任意切断面描画機能 

画像( 空中写真 ) 貼り付け機能 

ムービー作成機能 

ベクトル表示機能 

STL作成機能(すべり面・地下水位) 

対策工設計に連動

アンカーや杭を一本一本設置可能。すべり面との関係で導入力をチェックし評価し安定度を計算

ダイレクトに設計に生かせコスト最適化を図ることができます

解析結果は追跡可(ブラックボックスになりません) 

トンネルのゆるみなどの計算も可能 

選べる計算メッシュ数

ADCALC 3D CIM                                             :  100×100メッシュ以下

ADCALC 3D プロフェッショナル         :  200×200メッシュ以下

ADCALC 3D アドバンストプロフェッショナル  :  400×400メッシュ以下

 

操作性

解析式として、ホフランド法(土研式)、修正ホフランド法、3次元簡易ヤンブー法、RBSM3D、試行球面すべり面計算、連続計算機能を用意 

すべり土塊を三角柱、もしくは四角柱で計算 ( 選択可 )

地層数は最大4層 ( C ,φ,γ t ,γ w ,γ sat )

ダム貯水池地すべり斜面での安定計算手法として基準水面法を採用(基準水面より上位を 間隙水圧として扱い、その下位は浮力が作用するものとして解析) 

間隙水圧は、道路土工指針準拠 (U ・ A ・ cos(Mdip)) と河川砂防技術指針 ( 案 ) 準拠( U ・ Ab )及び(U ・ A) の3種に対応 

最小安全率の方向を計算可能 

地震時の計算有 

トンネルなどのゆるみや断面欠損を評価可能

杭、アンカー設計計算導入可能(アンカー力,抑止力をカラム毎に導入し1本ずつ評価します)

各層(地層、すべり面、水位面)に画像貼り込み(画像は、PNG、BMP、JPG)

3次元デ-タ(地形、対策工など)は、Land XML、DXF(3D)に出力可能

色表示や画像貼り込みなどの[画像設定]、対策工などの[部品設定]の作成、保存 

[画像設定]および[部品設定]の組み合わせによるプレゼンテーション機能 

3次元データは、画像としてPNG、BMP、JPGなどに出力可能